乾燥してかゆい!肌荒れとは違う皮脂欠乏症に注意

皮脂欠乏症は、皮脂の脂が減少することで乾燥を生じカサカサになりかゆみを伴う皮膚の病気です。皮脂欠乏症が悪化してしまうと湿疹がでてしまいます。高齢の方に多い病気でしたが、近年は若い患者が増えています。冬の時期にはつらい皮脂欠乏症の原因と対策をご紹介します。

*

皮脂欠乏性を病院で治療した場合の費用は?

   

皮脂欠乏性治療の費用は?

皮脂欠乏症治療の第一選択肢で病院で処方される保湿剤で有名なものに、ヒルドイドがあります。この薬は一本当たり590円ですので健康保険適用となると200円以下で処方してもらうことが出来るのが魅力です。

皮脂欠乏症の症状は、毎日保湿剤を乾燥が気になる部分に塗布するのが必須ですので、肌に合った保湿剤が必要となりますが、ヒルドイドは毎日使いやすいコストパフォーマンスに優れた保湿剤として人気があります。

この保湿剤は、医療機関でしか購入することが出来ず、医師の処方箋が無いと購入できませんので病院でしか入手できません。最近美容目的で使いたいと考える人が増えてきており、実際美肌の為に使っている人も増えていますが基本的には皮脂欠乏症の治療薬ですし、皮膚病の治療のための薬です。

3割負担でなくても化粧品に比べると600円程度で購入することが出来るため、美容効果の高い保湿剤として美容に関心の高い人の間で注目されています。

皮脂欠乏性の治療薬ヒルドイドは市販していないが個人輸入で購入することができる

単なる乾燥肌ではヒルドイドを処方してもらうことが出来ない皮膚科もあり、海外からの個人輸入で買えるヒルドイドフォルテクリームやヒルドイドフォルテジェルを試している人も増加傾向にあります。

これらはヒルドイドのジェネリックで、ヒルドイドと同等の効果が期待できるとして話題となっています。皮脂欠乏症の治療薬として処方されるヒルドイドは、医師の診断によって処方されるため、出してもらえないケースで試してみたいという方は、個人輸入に頼る以外に現在のところ方法はないと考えられます。

市販薬でも同じ成分の保湿剤は販売されていませんので、ヒルドイドの保湿効果を得たいと考えた場合、病院で出してもらえなければインターネットの個人通販などを利用すると類似品であれば購入できるケースがあります。

輸入といっても通常の通販と何も変わりありませんし、日本語に対応していますので、多くの人は気軽に保湿剤を購入する感覚で利用しています。