乾燥してかゆい!肌荒れとは違う皮脂欠乏症に注意

皮脂欠乏症は、皮脂の脂が減少することで乾燥を生じカサカサになりかゆみを伴う皮膚の病気です。皮脂欠乏症が悪化してしまうと湿疹がでてしまいます。高齢の方に多い病気でしたが、近年は若い患者が増えています。冬の時期にはつらい皮脂欠乏症の原因と対策をご紹介します。

*

皮脂欠乏性を治療しないと酷い肌トラブルを引き起こす

   

皮脂欠乏性を治療しないとどうなる?

皮膚の表面が乾燥することで生じる肌トラブルに皮脂欠乏症があります。特徴の1つに秋から冬などの時期に出やすいことがあり、皮膚が剥がれ落ちたり、ひび割れたりします。

また、かゆみを伴うことも多く、掻くことで跡が残ることになります。皮脂欠乏性の主な原因には加齢があり、症状自体は高齢に伴う皮脂の欠乏から生じる老化現象の1つです。

ただし、放置をしてしまうと悪化につながることがあり、この場合、乾燥性皮膚炎へと進行してしまうリスクがあります。乾燥性皮膚炎は皮脂欠乏症湿疹とも呼ばれています。

症状は皮脂欠乏性に加えて強い痒みや、赤み、水ぶくれなどの湿疹を併発するようになり、特徴の1つに、脚のすねや脇腹など、皮膚が乾燥する場所に出やすいことがあります。

湿疹ができることで皮膚のターンオーバーが早くなり、さらに肌は乾燥した状態になるなど悪循環に陥ります。症状はただの肌荒れと勘違いされることも多く、十分な注意が必要になります。

皮脂欠乏性の治療はどこに行けば良い?

皮脂欠乏性は、進行する前に適切な治療を受けることが大切です。専門クリニックは皮膚科が該当し、治療の基本的内容には皮膚の乾燥を抑えることがあります。

専門クリニックでは症状に合わせて外用薬の保湿剤を処方しており、入浴後など、皮膚がしっとりしているうちに塗ることで効果を高めることができます。一方、皮脂欠乏性では乾燥状態からさらに進行してしまっているケースも多く、この場合には、ステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬が処方されます。

具体的には、塗り薬のステロイド外用薬は炎症を抑えることで痒みを緩和すること効果があり、飲み薬になる抗ヒスタミン剤は痒みを止める効果があります。皮脂欠乏性の治療では外的要因の改善が必要になります。

主な内容としては、洗剤や石鹸などでの洗い過ぎや、生活習慣、職業的なものなどがあり、中でも洗い過ぎは最も多い原因になっています。洗い過ぎは肌本来が持っているバリア機能を壊し、外敵からの刺激を受けやすい状況を作り出します。

治療では外的要因の改善も指導されることになり、並行して行うことで効果を得ることが可能になります。