乾燥してかゆい!肌荒れとは違う皮脂欠乏症に注意

皮脂欠乏症は、皮脂の脂が減少することで乾燥を生じカサカサになりかゆみを伴う皮膚の病気です。皮脂欠乏症が悪化してしまうと湿疹がでてしまいます。高齢の方に多い病気でしたが、近年は若い患者が増えています。冬の時期にはつらい皮脂欠乏症の原因と対策をご紹介します。

*

皮脂欠乏性の症状は強いかゆみを起こし悪化すると炎症を起こす

   

皮脂欠乏性の身体的に起こる症状

主に起こる症状としては、強いかゆみを感じる事が多くなります。次に酷くなると炎症が起きるようになり、湿疹が発生する場合が考えられます。特にかゆみは初期症状によく起こりますが、痒くてもかくのはやめましょう。

かく事により、悪化してしまうので、炎症が強くなってしまい、湿疹ができる様になるので注意が必要です。これらの原因は全て乾燥による事が原因なので、乾燥を防ぐようにすると自然と症状も和らいできます。

そのまま放置していても治る確率は低いので、病院に受診をするかきちんとスキンケアを行う事が大切です。症状が進行していくと肌の見た目の色も変わってきて、赤くなる事が多くなります。

皮膚もひび割れが目立つようになってきて、夜中でも寝ることができなくなるほどの違和感を感じる事も少なくありません。肌の乾燥を感じたり、角質が剥がれてしまう様な事があれば要注意になりますので、違和感を感じた場合には早急な処置を行うようにしましょう。

皮脂欠乏性の発症部位や症状の出る季節など特徴

皮脂欠乏性の発症部位は手足や背中に多くなります。手足に発症した場合は目に見えてわかりやすいですが、背中に発症した場合には目に見る事が難しくなるので、注意が必要です。

鏡などを利用して確認をするか家族の方に見てもらうようにしましょう。違和感を感じたまま放置しておくと症状が進行してしまい、治りも遅くなってしまいます。次に皮脂欠乏性の症状が出る季節ですが、肌が乾燥する事によって起こるので、寒い冬場の季節に多くなり、寒さが強まる真冬の時期が一番のピークと言えます。

ピークの時期を迎えると我慢できなくなる程のかゆみを感じる事も多くなるので、注意が必要です。乾燥を抑えるための手段を講じる必要があるので、スキンケアをしっかり行うか、症状を抑える塗り薬を利用するなどの方法をとりましょう。

冬場の寒い時期になると治療を開始しても完治するまでに時間がかかるので、症状に気づいたときからいち早く対応をするのが大切です。