乾燥してかゆい!肌荒れとは違う皮脂欠乏症に注意

皮脂欠乏症は、皮脂の脂が減少することで乾燥を生じカサカサになりかゆみを伴う皮膚の病気です。皮脂欠乏症が悪化してしまうと湿疹がでてしまいます。高齢の方に多い病気でしたが、近年は若い患者が増えています。冬の時期にはつらい皮脂欠乏症の原因と対策をご紹介します。

*

空気が乾燥する冬場に発症する皮脂欠乏症について

皮脂欠乏症の概要

皮脂欠乏症は、皮膚の表面を覆っている脂が不足することによって水分が蒸発し、肌が乾燥する病気です。元来は高齢者や中高年層に多い病気ですが、近年は若年層においても増加しています。

下腿伸側を典型として腹部・腰背部・肩部・上腕部等に皮膚の乾燥・剥離・痒みなどが現れ、症状が進むと亀の甲羅のようなひび割れや赤みが生じて痒みが強くなります。掻き続けると悪化して湿疹(皮脂欠乏症湿疹)になることもあります。

皮脂欠乏症の主な原因は、加齢によって皮脂・天然保湿因子・角質細胞間脂質の皮膚の水分を保持する物質が減少することです。それによって水分量を制御できなくなり角質細胞が剥がれるため、さらに水分の蒸発が進むという悪循環が生じます。

一方、身体を洗うときにナイロンタオルなどで強く擦る・高温の風呂に長時間浸かる・長時間こたつに入っている・肌に刺激を与えやすい化学繊維の下着・衣類を着るなど肌の乾燥を助長するような生活習慣も原因の一つです。

空気が乾燥する冬は発症が増えて症状が進みやすくなる季節ですが、冷暖房器具の普及により屋内では通年乾燥している環境が増えたことから、季節変動は以前よりも平準化しています。

皮脂欠乏症の治療法は薬剤治療ですが、軽度の場合は乾燥肌と同様に保湿料やワセリン等を塗布し、肌の水分を増やしたり蒸発を防ぐことによってセルフケアも可能です。

皮脂欠乏症の治療薬

皮脂欠乏症で使用される治療薬としては、ヒルドイドやステロイド外用薬、抗ヒスタミン薬などが挙げられます。ヒルドイドは皮膚の乾燥を治す薬です。ヘパリン類似物質で保湿剤としての効果が高いですが、代謝促進効果や血行促進効果もあるため症状で荒れた皮膚の保湿と同時に修復も早めることが可能です。

ソフト軟膏・クリーム・ローションがあり、医療機関では症状・発症している部位・体質によって適したものが処方されます。アレルギー反応である皮脂欠乏症湿疹がある部位には、ステロイド外用薬も使われます。

ステロイド外用薬はアレルギーによる炎症と強い痒みを強力に抑えるための薬です。ほとんどは軟膏が処方されますが、ステロイド剤の種類によって作用の強弱があるため、医師は症状や部位などによってステロイド剤の種類や治療期間を判断します。

患者は医師の処方に従ってステロイド剤を使用することが必要です。抗ヒスタミン薬は体内にアレルギーを引き起こすヒスタミンという物質の作用を抑制することで炎症や痒みを抑えるための内服薬です。ヒルドイドなどと併用しますが、皮脂欠乏症の発症が広範囲にわたる場合や背部などうまく薬を塗布できない場合に内服薬は効果的です。

皮脂欠乏症を起こす主な外的原因

皮脂欠乏症を起こす主な外的要因としては、職業上乾燥した環境にいることが必須となっているケースです。たとえば一日中エアコンの効いた部屋に皮膚をほとんど保護することなく居続ける仕事では、皮膚が必要以上に乾燥してしまうため皮脂欠乏症が起こることがあります。

空気が乾燥していると、皮膚のバリア機能がうばわれるため、少しの刺激でも肌にダメージを受けやすい状態となります。乾いた空気が一過性の環境であれば保湿をすることで肌のダメージを防ぐことが出来ますが、一日中エアコンの効いた部屋にいる仕事の場合、保湿することが難しくなりますし汗をかかないため皮膚が乾いてバリア機能が失われてしまいます。

又、水や洗剤を頻繁に使う職業の美容師や看護師も皮脂欠乏症を起こしやすい仕事です。頻繁に手を洗うため、皮膚の潤いが保たれにくくなることから皮膚にトラブルが起きやすくなります。運送業や金融関係の仕事なども手指を良く使う事から手の潤いが奪われやすい職業です。

お肌の水分や皮脂は外からの刺激によって特に空気が乾いていると感じる冬場に奪われるケースが増えてきます。そのため、夏場はそれほど感じない肌の渇きやバリア機能の低下を感じやすくなります。

皮脂欠乏症を起こす主な外的原因

皮脂欠乏症を起こす外的要因は先述した職業的な理由がよくあるケースですが、それ以外には何らかのアレルギーを起こして皮膚トラブルを発症しているケースもあります。特にアトピー性皮膚炎の場合は様々な外的要因や環境にアレルギー反応を起こし、もともと皮脂が欠乏しやすい肌質なのもあって皮膚トラブルが起きやすくなっています。

アトピー性皮膚炎の患者は皮膚のバリア機能が未熟で水分や油分が少ないという特徴がある上にほこりや乾燥、化粧品や薬品などの外的刺激で更に皮膚の潤いが奪われてトラブルが起こることとなります。

又、老化による皮脂の欠乏症も見逃せません。人間は年齢を重ねるごとに皮膚にあるセラミドやコラーゲンなど潤いを保つのに必要な成分が減っていくため、皮膚の潤いを保つのが難しくなってきます。そのため、乾燥した季節になると皮脂欠乏症が起こる原因となってしまいます。

アレルギーやアトピー、老化などは皮脂欠乏症の根本的な原因と考えられますので、症状が出てしまった場合には対症療法となりますが、皮膚を乾燥させないために皮膚を保護する保湿剤などを使って肌をガードしたり、皮膚に刺激を感じる薬や化粧品を使わないなどの対策が有効です。

公開日:
最終更新日:2018/10/03